一般歯科

虫歯治療

虫歯の原因

虫歯の原因

虫歯の原因は1つではありません。左の図のように3つの要素が重なり合っている時間も重要なカギです。

:エナメル質の強さ
:歯のカタチや歯列(歯並び)
砂糖
:砂糖は虫歯の原因菌の栄養源
:歯にベタベタとくっつくものは要注意
細菌
:お口の中には様々な細菌がたくさん
:虫歯の原因菌は歯が生えてから大人にうつされる

虫歯のメカニズム

虫歯のメカニズム

エナメル質が虫歯菌に負けるとエナメル質の中のミネラルが溶け出します。 この状態が初期虫歯で、半透明のエナメル質が白く濁って見えます。 この初期虫歯はミネラルを補って治すことも可能です。

グラフ

初期虫歯からさらに進み、穴があいたり、黒く柔らかくなってしまうと 虫歯菌に感染した部分を削り取る必要があります。 お口の中はだ液の働きでほぼ中性に保たれています。 ご飯やおやつによって酸性に傾き歯のミネラルが溶け出しやすくなります。 ご飯やおやつの後は歯磨きをして、お口の中の環境を整えてあげましょう!

虫歯菌ってどんな菌?

虫歯の原因となる細菌達の中でもカギとなっているのが、“ミュータンス菌”です。
ミュータンス菌は砂糖を栄養として体から“ネバネバ液””サラサラ砂糖水”を出します。
“ネバネバ液”は細菌の家になり、ミュータンス菌やその他の細菌たちはこれを利用し、歯にくっついて生活をはじめるようになります。この“ネバネバ液”+細菌の家のことを”プラーク”と呼んでいます。
”サラサラ砂糖水”は細菌たちの非常食として利用されます。何も食べていない時間でも、細菌たちは非常食があるので活動が出来るのです。
虫歯菌はそれぞれがを出し、歯を溶かします。これを虫歯と呼びます。

エサにならない甘味料

歯のイラスト

虫歯菌の栄養になる”砂糖”とは
・ショ糖
・ブトウ糖
・果糖
などの表記をされています。

砂糖の入ったものを食べたらすぐに歯を磨くことが理想的ですが、難しい時は”キシリトール”に代表される”代用甘味料”をうまく利用しましょう。
外出先でのちょこっとおやつに”シュガーレス”のものを選んだり、外食後の歯磨きの代わりに”シュガーレス”のガムを噛み、唾液による環境整備をし、虫歯菌の出す酸に負けないようにも出来ます。
※代用甘味料の中にはヒトの栄養にもならないものが入っているため、大量に摂取するとおなかを壊すこともあります。
※虫歯予防の基本は歯磨きです。帰宅したら歯を磨きましょう。 上手なおやつの選び方はスタッフまでお気軽にご相談下さい!

歯の神経は歯の元気の源

歯のイラスト

”歯の神経”は歯に栄養を送ってくれています。 ”虫歯”や”歯周病菌”によって”歯の神経”をとる治療が必要になった場合は、痛みが止まっても中をしっかり消毒してあげることが大切です。

歯のイラスト

"歯の神経”の入っていた根っこの中の管は、キレイに消毒出来たら、管の中がばい菌の巣にならないようにしっかりと”詰め物”を最終的な薬として入れてあげます。

歯のイラスト

神経の治療をした歯に土台を入れる

歯のイラスト

神経の治療を治療した歯は栄養が送られず、枯れ木に近い状態になっているため、噛む力に耐えられるよう土台を入れて補強をします。
土台には保険診療内の歯科用樹脂のもののほかに枯れ木状態の歯により優しく、金属アレルギーの心配の要らないファイバーコアもあります。

歯のイラスト

土台で補強をしてあげたらいよいよ歯のカタチをしたかぶせものを入れていきます。 かぶせものは保険診療内のいわゆる”銀歯”のほかにその歯や周りの歯に優しく金属アレルギーの心配が少ない”ゴールド(金歯)”や歯や体に優しく見た目も自然な”白い歯”もお選びいただくことが出来ます。
詳しくはトリートメントコーディネーターからご紹介させて頂きます。 当院のスタッフまでお気軽にご相談下さい。

マイクロスコープ治療

脳外科や心臓外科の手術などで使用されるものと同等な手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使って行う、精度の高い歯科治療のことです。
手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を活用した歯科治療は当院の大きな特徴の一つです。
顕微鏡を用いる事で、肉眼では観察しえなかった精密治療が可能となり、患者様への負担が大きく軽減されます。従来よりも1回の治療時間はかかりますが、通常の視力の20倍以に上拡大して処置を行うことにより、最小限の侵襲ですむため、治癒も早く、審美的な状態を維持回復することが可能です。

また治療状況は顕微鏡に内蔵されたカメラで記録され、口腔内の状態や治療の経過など、動画による情報を患者さまご自身で確認していただけます。

歯科顕微鏡治療価格表
CR充填 単純 8,000円
複雑 10,000円

ページTOPへ

診療科目

スタッフblog